スポーツを通して人間関係を築いてきました

スポーツは体を駆使するため怪我はつきものと言われますが、乗り越えるのはすごく大変なことです。

What's New
スポーツを通して人間関係を築いてきました

スポーツは怪我がつきもの

どんなスポーツでも、体のいろんな部分を駆使しながら競技を行っています。そのため気を抜けば思いもよらない怪我に繋がるし、場合によっては全治数ヶ月や手術が必要な程の大きな怪我になる場合もあります。最悪の場合はスポーツが出来なくなると診断されることもあります。一生懸命やってきたスポーツが出来なくなると言われたら、スポーツマンとしてはすごく辛いことでしょう。でも中にはそういう診断が下されても懸命にリハビリして、驚異的な回復力を見せる選手もいます。諦めない気持ちとリハビリを続ける忍耐力が本当に大事なのです。

ただリハビリは容易いものではありません。怪我をした部分を動かしたり、手術をしてしばらく使わなかった部分をまた動かそうとすると、相当な痛みや負担がかかります。自分の意思とは裏腹に、思うように動かないことに苛立ったり、焦りを感じたりすることもあります。ただそれを乗り越えなければ元のようには戻りません。自分の怪我を認めながらも、動かないことに悔しさを感じ、スポーツをまたするために頑張るんだという原動力に変えるのです。諦めなければいつかその努力が報われる時が来るはずです。後悔しないように怪我と向き合うという時間も必要ですね。

おすすめサイト一覧

Copyright (C)2018スポーツを通して人間関係を築いてきました.All rights reserved.