スポーツを通して人間関係を築いてきました

スポーツ競技では緊張してしまうとパフォーマンス低下になりますが、改善するにはイメージを変えることです。

What's New
スポーツを通して人間関係を築いてきました

スポーツ競技では緊張の取り方

スポーツ競技においては試合になると、緊張が高まってきて思ったようなパフォーマンスを発揮できない事が多いです。この緊張をするというのは、アガリ症とも呼ばれていて能力を発揮できな要因とも言われています。しかしこの緊張をしてしまうということは、ある意味では必要なことになっていて人間特有のものだといえます。これは人間には先を見通すことが出来る能力があるので、頭の良い人ほど、この試合に負けたらどうしようとか、ここで失敗したらまずいと思ってしまうのです。万が一失敗したらという予測をしてしまうことによって、より緊張感が増してしまいアガリ症が強くなってしまうのです。

反対に緊張をしないということは、これはアガリ症よりも悪い場合もあります。緊張感がないばかりに、うっかりとミスをしてしまうので、せっかく出来るプレーも失敗をしてしまいます。これは緊張感がなさすぎる為に起こる現象になるので、やはりある程度は緊張感がある方が、スポーツというのはいい成績を残せることが出来るようになるのです。なんとなく緊張してしまって上手くいかない事の原因には、まずは先に起こることのイメージを大きく変えていくことがいいです。失敗したらというよりも、上手くいったらというイメージを持つことです。
Copyright (C)2017スポーツを通して人間関係を築いてきました.All rights reserved.